鳥居

私は、学生の時に、友人四人と、伊勢神宮へ参拝に行きました。その時の事をお話しします。

伊勢神宮周辺は、とてもよく混むので、車で行く時は、早めの出発や準備が必要であると思います。伊勢神宮へ行ったが、着いたのが午後5時ごろで、参拝せずに帰ってきたと言う話をよく耳にします。

私たちは、大晦日の夜11時ごろ、内宮周辺に到着をして駐車場を探しました。そうしたら、運よく、駐車場が一台、二台ほど空いていたので、そこに停める事にしました。そこからおかげ横丁を通り抜けて、内宮の正面入り口にたどり着くのでありますが、おかげ横丁の途中に、白鷹と言う酒屋があります。この白鷹と言う酒屋は、伊勢市のこの地方の地酒として有名で、ここで白鷹を飲んで、お参りする風習もあるほどであります。

内宮の宇治橋を超えて、境内に入りますと、手洗い場があります。ここで手を清めて、お参りの準備をします。それからもう少し行くと、五十鈴川が見えてきます。ここにはたくさんの鯉が泳いでいて、ここに賽銭を投げいれる人もいます。それからまた、玉砂利の上を歩いて行くと、お札や、お守りを販売しているところがあります。そこを抜けるとようやく本殿に入ります。本殿では、石段を上るところから撮影禁止となっています。年末年始は、30人程、一組に区切られて参拝します。

私たちは、参拝が終わると、帰りに近くの喫茶店に入りましたが、正月料金で、とても高かったのを覚えています。とにもかくにも、大変なパワーをもらった気がしました。